神々が見下ろす場所

我が家のハウス越しに見る旭岳。

画像
















北海道最高峰で、大雪山系の中でも北の方、「表大雪(おもてたいせつ)」と呼ばれる山域にあります。
実は「北海道の山 標高ベスト10」に名を連ねる全ての山々が、
この写真に見える表大雪の中に入っています。

アイヌの人達はこの山々を「カムイミンタラ=神々の遊ぶ庭」と呼びました。
厳粛で堂々とした佇まいはまさにその名の通り。

ここに移り住み、毎日その姿を見ていると、
あそこには本当に神々が住んでいる様な気がしてなりません。
そしてこちらを見下ろしていているのです。

実はここから見る旭岳が一番格好良い。
その高さ故、旭川周辺の色んな場所から眺められる山ですが、
ここから見る姿が一番凛々しく見えます。

農業を始めようと決めた時に偶然今住んでるこの場所と巡り合い、
周囲の方々の協力もあり、
自分達が望んだ場所で就農することが出来ました。
ここで暮らせることが何より幸せに思います。

ここにいて旭岳を望むといつも、
神々が見下ろしてくれてる気がするのです。


この記事へのコメント

なおぷ
2011年02月01日 14:10
真っ白だね、本当に神様がいそうだよね。
こちらも乗鞍が真っ白になってるよ。
なおぷは寒いのがかなり苦手だから早く暖かくなって欲しいよ~。
Gぽん
2011年02月01日 21:32
なおぷさん

乗鞍の真っ白さも良いよね。見た時につい見とれてしまうね。ここから見る冬の旭岳は時々しか見れないのがまた神々しい理由の1つやね。神様はそんなに容易く現れないんやわ。