屋根の雪下ろし

冬の大仕事といえば屋根の雪下ろし。
今年も既にモッサリ積もりました。

内地出身の私達にとっては、屋根といえば「瓦」ですが、
北海道では家も小屋も屋根の基本は「トタン」。
滑り台の様に雪がよく落ちるようになっています。
その分、足もよく滑るんですが・・・。

でもそのトタン屋根ってのは、
マメにペンキを塗り替えないと雪の滑りが悪くなるらしいんですね。
でもそんな事あまり知らないもんだから、
ここ最近ペンキを塗ってない我が家・我が小屋達は、
それはもうモッサリと雪が積もってるんです。
最近低温続きで屋根が温まる暇がないっていうこともあると思うんですけどね・・。

そこで仕方なく屋根に登って雪下ろしです。
屋根に登ってみると、下から見てるより案外高いもんです。

画像





















そして、下から見てるより雪が多くて、
吹き溜まっている所では、腰の高さくらいまであります。

画像
















学生の頃、管理していた山小屋の雪下ろしをよくやったもんで、
その時に覚えた知恵で手際良くやれるんですが、
何せ、雪は滑らなくても足は滑る屋根なので、
恐る恐る・・・、へっぴり腰で・・・・。
1時間ほどやってると筋肉痛になりそうです。

先日久しぶりにドラマ「北の国から」の古いのを見ていたら、
まだ子供の純と正吉が丸太小屋の雪下ろしをしていました。
「えらいなぁ~」
でも子供にとっては楽しくて仕方ないんだろうなぁ。

雪下ろしは、雪国では当たり前のことなんですけど、
おじさんにとっては一冬に一回で良いです。
内地の豪雪地帯の方は、もっと重い雪を何回もやるんだから本当に大変ですね。

危ないから気をつけてやります。

画像

この記事へのコメント

yanagi
2011年01月25日 10:22
カメラ持って登ったんだね。
すごい高い!
おじさま、気をつけてくださいね。
Gぽん
2011年01月26日 18:14
yanagiさん

屋根の上で微妙な体勢で写真を撮ってるもんやから手が震えるよ。写真撮ってたら落ちてしまった、って事にならないよう気をつけなきゃ。
札幌は除雪が追いつかないほど雪が多いとか・・・。車の運転気を付けてね。
なおぷ
2011年02月01日 14:15
そこも十分豪雪地帯だよ、私からしたら(笑)
雪下ろしで亡くなる方もいるんだからさ、本当に気をつけて作業してね。
それにしても雪ばっかだね(><)
Gぽん
2011年02月01日 21:37
なおぷさん

本州の豪雪地帯の映像を見ると、この辺りの雪はまだまだお子ちゃまやね。ニュースで出る地域は本当に大変だと思う。ご苦労様です。