床土をつくる

トマト苗用の土を作りポットに詰める作業をしました。

我が家では、毎年この苗用の土(床土と呼んでいます)がイマイチです。
苗の出来があまり良くないのです。
毎年反省点を考え色々試行錯誤してるのですが、
正直、満足したことがありません。

そこで今年は、昨夏に床土を作り始めるところから大きく変えてみました。
土に入れる資材や肥料など、今まで使っていたものをやめ、
考え方を一度更地にして新たな方法でやってみました。
でも、昨年秋に成分を分析してみると、これがまた「う~~ん・・・」。

秋にもう一度作り直して、だいぶ良くなったのですが、
それでもこの冬中「もう少し良くならないか」と気になってました。

画像





















そこで、今年はポットに入れる前に更にひと手間。

ハウスの中に入れて温めてある昨秋作った床土に、
肥料混合機を使って少し混ぜものをして完成させます。
狙いとしては、根張りを良くする為により「ふかふか」に、
そして、不足しがちな微量要素をしっかり効かせようというイメージです。

画像




















肥料混合機は、
だいぶ前に近所の農家さんが要らないというのでもらっていた物で、
中々日の目に当たる事がなかったのですが、ここで大いに役立ってくれました。
「要るか?」と言われると何でも「頂きます!」というタイプ。
今回はもらってて良かった!

機械に土を入れて、混ぜて、運んで、ポットに詰めて・・・・。
中々重労働で、夫婦二人だと少しずつしか進みませんが、
何とか6割くらいは終わったかな・・・。

ガンバレ!あともう少し!

画像

この記事へのコメント

なおぷ
2012年03月04日 07:51
地道な作業・努力、お疲れ様。納得いくものが出来るといいね☆今からあかりトマト楽しみ~(^_-)
Gぽん
2012年03月04日 22:42
なおぷさん

あかりトマト楽しみにしててね~。そう言って貰えるのが一番嬉しいよ。
農家の作業は1つ1つ見れば案外大層な事もあるけど、生活の一部だから実は全然大した事ないんだよね。ブログに写真付きで載せたりなんかすると「おお、仕事してるっ」って感じ。