帰省の旅2 松本での年越し

無事松本到着するとじいじばあばの家に
近くに住むいとこ(子供たちにとって)のKるとKきが待っていてくれました。
しばらくすると、関東に住むいとこのHきとHともやってきて
いとこ大集合になりました。

私と妹はお正月に夫の実家に行く事が多いので、
前後に関東を訪問しても兄やその長男の小学生のHき君には
会えても短時間だったりすることが多くて
まして今回の様に全員が大集合することはもうあまりないかも知れません。
一番下のHと君はまだ小さいけど
全員が男女の区別なく一緒に遊べるいい時期なので
この機会は本当に貴重だと思っていました。
画像




















庭とブドウ園の間の秘密基地に
水をためた容器をいっぱい並べて氷の宝物を作っているらしいです。
美瑛程ではないにしても、松本も結構寒いです。
上着もそこそこにぎゃーぎゃー言って遊んでいます。

外につないだシュマリもみんなに相手してもらいました。
画像




















Hき君は恐竜大好きな小学生。
よく恐竜の絵を描いているのですが、なんともいえない素敵なタッチです。
犬が平気なHき画伯、シュマリのそばでスケッチしてくれました。

みんなでおじちゃんとおばちゃんと裏山の天狗山に登ったり、
夜にじいじと近所のおじさんと「火の用心」の夜回り体験をしました。
画像












完全防寒で準備中です。暑い・・・。
画像












きれいな星空と松本の夜景がみんなを見守ってくれました。
良い経験です。
夜は子供みんなでお風呂に入ったり、
初日だけ(その後は各部屋に戻ってきた・・)一緒に寝たりしていました。

KるとKきが関西のおじいちゃんおばあちゃんの家に向かい
残ったみんなでいよいよ年越し。

松本では31日からお節料理を食べます。
そして家長から順番に、お神酒を同じ杯で頂くという儀式があります。
子供も注がれたら杯を一度置いて、
手を合わせてから口をつけます(真似ごとですけれど・・)。
長女は噴き出していました(笑)。
みんなで紅白歌合戦を見たりして、子供たちも小さいHと君以外は
みんな最後まで起きていました。
三女以外はじいじとおじちゃんと一緒に「二年参り」に行ったので驚き!
たくさん歩いて神社とお寺と両方回って来ました。

お正月にはちゃんと起きて沢山お年玉を頂きました。
画像












子供たちの横に手を出して並んでいたHおじちゃんは
お年玉をもらえず、子供たちは大笑いです。

新年最初は井戸で汲んだ「若水」で入れたお茶を飲みながら
お菓子や栗、干し柿などを食べる事になっています。
その後にとろろごはんととろろ昆布のお吸い物で朝ごはんです。

子供たちはじいじと一緒にもう一度天狗山に登り
新年のお参りもしてきました。
そして私の3○回目の誕生日も祝ってもらいました。
画像












「1歳」おめでとう!

夜には荒天で飛行機が遅れて、
最後の最後まで松本行きの特急に乗れるか冷や冷やさせて
お父ちゃんが無事に松本にやってきました。

この記事へのコメント

ご近所さん
2014年01月15日 20:23
kこちゃんんて、元旦生まれだったの!?

めでたい!!
keiko
2014年01月16日 09:57
ご近所さん

お正月のお昼に生まれたらしいです。
大変だったわよー、といつも言われ、誕生日プレゼントがお年玉でごまかされていた様な気が・・・。