子供との時間

天気の良い日が続く7月。
トマトはどんどん赤くなるし、ぐんぐん伸びて
脇芽とりや誘引が追いつかなくなります。

そんな忙しい日々の中、子供たちとの夏の行事に参加しました。

まずは三女との親子遠足。
今年は旭山動物園です。
朝から良く晴れて気温もぐんぐん上がりました。
まずはみんなで「こども牧場」に行って
小さな動物達を間近で見ました。
モルモットを抱っこさせてもらったり、
鶏の卵が産まれているのを見たりしました。

その後は自由行動。
お友達と「つぎはふくろうー!」とか言いながら
走って移動。
お母ちゃんはぜんぜんゆっくり見せてもらえません・・・
画像












(トラが寝ています)
トラやライオン、オオカミなんかはみんな暑くて日陰で寝ていました。
人間も暑いので、時々アザラシ館やペンギン館で涼みます。
画像





















画像












みんなで集まってお弁当を食べて、
午後は水辺で水遊び。
みんなパンツ一丁になって思う存分遊びました。
帰りのバスは親も子もほとんど爆睡・・・
とっても楽しい一日でした。

そしてなぜかすぐ翌日、
今度は小学生の長女と次女との十勝岳親子登山。
この日も朝から天気も良く、
山で風が吹いても半袖で平気なくらいの快適な気候でした。

お母ちゃんは次女と一緒の1、2年生組で歩きました。
次女は「のど、乾いた~」と愚痴りながらも
安定したペースで登っていきます。
お友達とお母さんと話したりしながら、みんなでがんばります。
登りが急になるとみんな休憩を楽しみに励まし合います。
画像















休憩タイムだけ3、4年組の長女に追いついて
様子を見てちょっかい出したりします。

目的地は山頂ではなく避難小屋周辺。
避難小屋が近くに見えだすとみんなのペースが上がりました。
小屋では地震計の設置工事が行われていたので
少し離れた場所まで移動して
みんなで旭川から富良野の町並み(ほとんど畑ですが・・・)を眺めながら
待ちに待ったお弁当を食べました。
寒いというほどではなく、気持ち良い風の中でのお弁当です。
疲れた体に、お弁当が沁み入った様で
次女がしきりに「お弁当おいしい!」と言って食べていました。
長女も同級生達とわいわい言いながら楽しそうに食べています。

下りは足が疲れるけれどみんな早い早い。
次女に足に力を入れるように言うと、
転ぶこともなく上手に歩いていました。
薄く広がった雲に光が当たって虹色に輝いていました。
みんなでしばし見とれます。
画像















こんなきれいな自然の姿や、見下ろす我が町、
気持ちいい風や鳥の鳴き声。
お友達との楽しいおしゃべり。
気持ちのいい一日でした。

家に戻ると、仕事をがんばってくれていたお父ちゃんに
「双眼鏡で覗いていたんだよ。」と言われ
二人も交代で双眼鏡で十勝岳を覗いていました。
次女は山の上で食べたお弁当がよほど美味しかったらしく
家に帰ってからも何度も「お弁当がおいしかった」と言ってくれていました。

楽しい夏の思い出になりました。
留守番してくれたお父ちゃん、ありがとう。

この記事へのコメント