卒業

3月になりました。
3月は「分かれの季節」。

我が家でも先日、長女が小学校を卒業しました。

保育所時代からずっと一緒だった女の子5人。

みんなほっぺがぷっくりで可愛いかった入学式。
ほんのちょっと前の事のような気がしますが、
自然豊かなこの学校で、沢山のことを学んで、大きくなって、
あっと言う間に卒業式を迎えました。

振り返ると、両親は日々の生活に必死で、
何をしてあげれたのかうまく思い出せない感じがします。
特別な事は出来なくても良いので、
ひとつずつ少しずつ色んな事に自信を付けていってくれればと願っていました。

ここは本当に自然が豊かな所で、
小規模な学校なので先生との距離も近く、
また、地域の方々との行事も多いところです。
春になったら畑に野菜を植え、夏は学校の森で遊び、
冬になったら雪に覆われた校庭でスキーをする。
季節に合わせてやれる事をする。
子供達はそんな環境の中で、周りの大人達に見守られ自然と育ってきた気がします。

一足早く中学校の制服を着て卒業式を迎えた長女を見て、
随分大きくなったなと改めて思いました。
そして、ここで子育てが出来た事が本当に嬉しくて、
色んな思い出やら感謝の気持ちやらが溢れて来て、自然と涙がこぼれました。

卒業おめでとう!

これからの中学校生活がまた一段と大変で、
でもとても面白い時間になると思います。
ここで女の子5人と共に過ごしたかけがえのない時間を胸に、
これから先もひとつひとつを大切に、充実した人生を歩んで下さい。

画像

この記事へのコメント

ご近所さん
2017年03月23日 19:45
いやはや…
時のたつのは早いもので…
おめでとうございます!!

こりゃ、ワシも年取る訳だ!!
Gぽん
2017年03月24日 21:46
ご近所さん

子供達の成長は本当に早いですね!このまま子供達が歳をとらなきゃいいのに~と思うのですが・・・・。成長も楽しみではありますが、ずっと可愛いままでいて欲しいとも思いますね~。

一緒にお祝いして頂きましてありがとうございました!