時代の区切り

「平成最後の日」
と言っても、大して何も変わらないですね。

当日になると、何か特別な感情が出てくるかとも思って、
ちょっと期待していたのですが、
特に焦る気持ちもなく、平穏に一日が過ぎました。

でも、時代の区切りが一応訪れるようですね。



「平成という時代は自分にとってどうだったか」

昭和50年代生まれの自分にとっては、
昭和生まれ平成育ちということで、
平成という時代は人生の中で大きな部分を占めるハズです。

色々考えて、色々あった人生。

「激動といえば激動」
「平穏といえば平穏」

性格上、過去への後悔がほとんどない自分にとっては、
平成という時代の中で、
色んな方と出会い育ててもらった結果、
今の自分がいることへの感謝の気持ちが一番かなと思いました。

というわけで、言葉にすると
「ありがとう、平成」

何だかありきたりになってしまいますが、
結局、正直、これが一番しっくりきます。

ありがとう、平成!

良い時代でした。