川霧

今朝は凍れました!

あっ、ちなみに「凍れ」と書いて「しばれ」と読みます。
北国では、寒いを超えてもっと寒いことを「凍れる」と言います。

今朝の美瑛の最低気温は、なんと「-27.5℃」だったようです。
旭川近郊の江丹別では-30℃を超えたみたいです。

このブログで時々-20℃以下の話題を書いていますが、
-20℃と-27.5℃では、また一味違う寒さなんです。
全てがキンキンに凍り付いていて、外に出た瞬間に人間も凍り付く感じ。
本当に身の危険を感じます。

-20℃くらいでは何の影響も感じないけど、
今朝は車のエンジンがすぐにはかかりませんでした。
美瑛でも水道管の凍結があったみたいです。
普段から凍結対策がしっかりされているハズですが、それでも凍ってしまうくらいなんですね。

家のすぐ近くを流れる美瑛川。
青い水が流れるのでも有名ですが、
こんな寒い日には、川には「川霧」が現れます。
地表近くの冷やされた空気と川の水の温度差により水蒸気が多くなると見られる現象です。
まるで温泉が流れてるみたいですね。

008.JPG

寒い朝の幻想的な風景です。

この記事へのコメント