時代の区切り

「平成最後の日」
と言っても、大して何も変わらないですね。

当日になると、何か特別な感情が出てくるかとも思って、
ちょっと期待していたのですが、
特に焦る気持ちもなく、平穏に一日が過ぎました。

でも、時代の区切りが一応訪れるようですね。



「平成という時代は自分にとってどうだったか」

昭和50年代生まれの自分にとっては、
昭和生まれ平成育ちということで、
平成という時代は人生の中で大きな部分を占めるハズです。

色々考えて、色々あった人生。

「激動といえば激動」
「平穏といえば平穏」

性格上、過去への後悔がほとんどない自分にとっては、
平成という時代の中で、
色んな方と出会い育ててもらった結果、
今の自分がいることへの感謝の気持ちが一番かなと思いました。

というわけで、言葉にすると
「ありがとう、平成」

何だかありきたりになってしまいますが、
結局、正直、これが一番しっくりきます。

ありがとう、平成!

良い時代でした。


丘のまちでした

仕事の合間に思いがけずに通った「丘の道」。

丘のまち 美瑛 らしい綺麗な景色が続いていました。

そういえば、ここは丘のまちだった!

画像















自分が美瑛の中でも平らな所に住んでいるので、
丘の美しさをつい忘れてしまっています。

どこまでも続く丘の風景、見ていて飽きませんね。

奥に見える残雪の芦別岳・夕張岳も良い形してます。

北へ

「今年はハクチョウ多いよねー?」
これは、3月頃からここらでよく聞かれた言葉。

今年はなぜか北へ渡って行くハクチョウの数が多いのです。

いや、でもそんな急にハクチョウの数が増える訳ではないと想像できるので、
正確には、今年はハクチョウがこの辺をよく通っている、という事だと思います。

ハクチョウは春になると日本からシベリア方面に向けて旅立ちます。
その際、湖沼や川を見つけては休みながら北上します。
ここらでは、雪融けの田んぼなどでよく一休みしているハクチョウの一団を見ます。
今年は近くにその通り道があったんでしょうね。
V字飛行するハクチョウ達の姿を本当によく見ました。
その姿は本当に格好良い!
命を繋ぐためとは言え、本当によくやるなと感心します。

そして今日、今年最大の集団が・・・。
その数、もしかしたら100羽以上!
通常、20羽もいればV字飛行は結構見ごたえがあるので、
100羽ともなれば圧巻で、つい見とれてしまいました。

ハクチョウは千島列島や樺太を通って、
3,000キロから4,000キロも離れたシベリアの地まで旅をするそうです。
それもたった2週間ほどで・・・。
そのスピード、すごいですね!
見かけたハクチョウ達も、無事に安息の地にたどり着いて欲しいな。

(小さくて見えないがこの中にV字飛行する集団が!)
画像

明日につながる夕映え

世間を騒がす前代未聞の10連休も、我が家には全く関係なし。

日々淡々と作業をこなすのみ。

しかし、今年のGWは寒いスタートになりました。
いつもより早く撒いたピュアホワイトも凍えていることでしょう。
不織布をかけてありますが、さてちゃんと芽が出てくれるでしょうか・・・。

画像



















ここ最近は、最後に植えるトマトの畑の準備に忙しくしていました。
トマトのベッド作りも、今日最後の9棟目が完成し、
春の定植シーズンも終わりを迎えようとしています。
あとは、美味しくなるよう細心の心配りでトマトのお世話を頑張ります。

画像



















クタクタになった夕方、
久しぶりに綺麗な夕日が空を彩ってくれました。

うーちゃんの花も赤みを帯びて一段と映え、
何だか疲れも吹っ飛ぶ夕方のひと時でした。

画像

ユキゲユリ

雪が融けて間もないこの時期、
我が家の庭を彩るのはこの「うーちゃんの花」。

画像















以前飼っていたエゾユキウサギのうーちゃんが、
弱って御飯を食べられなくなった時にも、
このうーちゃんの花だけは食べることが出来た、
我が家ではまさに奇跡の花がコレ。

これは実は「チオノドクサ」というらしいです。
和名が「ユキゲユリ」。

雪解百合と書いてユキゲユリ。

まさに、雪解け時期に咲く寒さに強い百合ということらしいです。

小さくて白と紫のコントラストが何とも言えず可愛らしい花ですが、
我が家ではうーちゃんの事を思い出す、とても大切な花です。

そういえば、ここ最近、庭でエゾユキウサギをよく見かけます。
つい先日までは真っ白な冬毛を身にまとっていたのですが、
最近は茶色の夏毛がまだら模様に増えてきました。

何だかうーちゃんが会いに来てくれているような気がします。

山の春

晴れた朝、寝室から見る十勝岳連峰の山々が、
あまりにも白く眩しくて、まさに「白銀色」。

画像

















それも、ここ最近の春の陽気で、
山肌には岩やハイマツなどの黒い色が少しずつ見えてきました。

北国の山々にも春が訪れてきているようです。

画像

アスパラ殻焼き

風の強い春の天気。
その合間を狙って、アスパラの殻焼き。

今年もいよいよアスパラ作業のはじまりです。

画像















昨年伸びたアスパラの茎を燃やして、
新たな芽が出てくるのを待ちます。

今年も5月中旬くらいから芽が出てくるでしょうか。

あの甘く優しいアスパラの味、今から楽しみです。

アカゲラ

春作業に忙しく、またまた更新が滞ってしまった・・・。

一進一退の今春も、ここに来て一気に初夏へ。

今年も我が家に集う野鳥たちが、
春らしさをさらに演出してくれています。

キツツキの仲間「アカゲラ」。

今年はドラミングのイタズラも、ややおとなしめなので助かってます。

(庭のカエデとアカゲラ)
画像

春を感じながら、ベッド作り

「早く融けて~」と願っていたのが嘘のように、
その後、暖かい日が続いたお陰で、
今年の雪融けは例年にないスピードで進んでいます。

この春の空気感~、伝わるでしょうか?

画像



















3月10日にしてハウスの周りがもうこんな感じに融けてる・・・。

画像



















ハウスの雪もすっかり融けたので、
トマトを植えるハウスの準備を始めました。

肥料を撒いたら耕運してベッドを作ります。
虫たちももう活動を始めています。

画像





















ベッドを作ったら灌水チューブを引っ張ったり植穴を開けたり・・・。

画像

















マルチを張って保温したら支え用の鉄筋を刺していきます。

画像















いよいよ春の作業が本格化しました。
どんどん忙しくなりますよー。

桃の節句

またまた更新の間隔が空いてしまった・・・。

「更新されないって事は、忙しくしているって事。」
その辺は、もう皆さんもご存じかと思います。

まあ、この一週間も色々ありました!


それは出来る限り後日お知らせするとして、
まず3月といえば「お雛様」。

「私以外みんな女子」の我が家にとっては、
3月はおめでたい月なので無視することは出来ませんね。

画像















今年も早々とお雛様を飾って、
毎日、ちゃんとお茶をあげて、
3月3日にはお手製の桜餅をお供えして、
桃の節句をお祝いしましたよ。

画像















気付けば、次女あたりもこの一年で随分大人っぽくなり、
あどけなさが残るのは3女くらいになってきました。

みんな成長は早いなぁ。
今年もみんな健やかに育って欲しいものです。

育苗生活スタート

先日、トマト苗が我が家にやってきました。
自分達のポットに鉢上げして、育苗がスタートします。

画像
















久しぶりにトマトを触ると、トマトの香りが~。
そういえばうちはトマト農家だった!
数か月もトマトをいじってないと、ついトマト農家だったことを忘れて、
毎年、この鉢上げの時に気づかされるのです。

画像














画像














苗が来た日の夜はお赤飯。
農家を始めた時からの我が家の恒例行事です。

今年は忙しさでつい忘れていたら、長女が教えてくれました。
ちゃんと子供達にも浸透しているようですね。
ということで、今年もお赤飯をみんなで頂きました。

画像




















今年も育苗生活がスタート。
ハウスの温度管理や水やりなど、少しずつやることが増えていきます。
これでおちおち寝坊も出来なくなります・・・。

希望の双葉

最初に蒔いた種が芽を出しました。

画像
















双葉というのは、なんと魅力的な形をしているんでしょうね。

毎年の事ながら、この双葉達に大きな希望を感じます。

今年も頑張るんだよ、君たち!

炉台を製作する

リノベーション後も我が家の暖房器具は「薪ストーブ」。
移住して以来、ずっと薪ストーブにお世話になってます。

でも今回、薪ストーブは一新されます。
詳しくはまた後日にするとして、
今回は、薪ストーブを設置する台、いわゆる「炉台」の製作です。

「炉台」は、これまたセルフビルド。
黒に近い石目調のタイルを敷き詰めることにしました。

画像





















炉台の場所だけ床材を張らないよう凹んでいて、
ここにタイルを敷いていきます。
薪ストーブの直接吸気口部分をサンダーでカットするのが一苦労・・・・。

画像























床材と高さを合わせてフラットになるようにしました。

画像





















無垢の床材との相性も良さそうです。

育苗準備、あれこれ

トマト育苗ハウスの雪は順調に融け、
ここ1週間ほどの間に育苗の準備を進めてきました。

昨秋に温水用のパイプを埋めておいたので、
まずは地面をならして平にし、その上にマルチを敷きます。

画像

















久しぶりに見る土!
北国じゃない人には想像つかないかも知れませんが、
冬の間に土を見ることがないので、それだけでも感動・・・。

画像
















3重のトンネルの準備、加温機、ボイラーの点検などして、
いよいよポットに土詰めです。

画像
















3月に入るとトマト苗がやってきて育苗が始まります。
さあ、本業も本格的に始動です!

珪藻土を塗る

リノベーション工事もいよいよ終盤戦。

内装の珪藻土塗りが始まりました。
珪藻土塗りは、一部が家族で塗る「セルフ施工」。

画像
















みんな初めての体験。
家族であーだこーだ言いながら、見よう見まねで塗ります。

画像





















何でも初めての経験というのは不安と楽しさが入り混じった、
ちょっと興奮状態。
時にはピリピリとケンカ腰・・・。

それでも楽しく塗れましたよ。
少しずつコツも覚えてきて、子供達も十分に戦力になってくれます。
何より、上手じゃなくても、自分達らしい壁になるのが一番嬉しい!

画像

















自分達で塗らなきゃいけない壁はまだまだ沢山・・・。
日々、合間を見ては少しずつ進めております。

画像

エゾシカの森

冬の間ときどき、
十勝岳の麓の森で除雪するアルバイトをしているのですが、
人間がほとんど来ないためか、
その森には本当に動物が多いのです。

画像
















久しぶりに行くと動物の足跡だらけで、
その活動の活発さを感じます。

特に多いのがエゾシカ。
畑を荒らす厄介者として駆除対象にもなっているエゾシカも、
森で会うとその大きさと可愛い顔のギャップについ見とれてしまいます。

咄嗟に撮ったこの写真の中にも4~5頭いるのですが分かりますか?
画像

















エゾシカはとても臆病な性格で可愛いですが、
畑を荒らすため北海道ではその食害が深刻な問題となっています。
この森にも時折ハンターさんによる大規模な駆除が行われています。
出来れば人と鹿も共存していければ良いのですが・・・。

あまり里に下りて来てイタズラしないようにね・・・、と願います。

(急に現れた人間に焦って逃げようとするも雪にハマって慌てるエゾシカ達)
画像

早く融けて・・・

「早く融けて・・・」
これ、今の心の声です。

毎日、寝ても覚めても頭の中から抜けない、切実な願いです。

画像

















1月にビニールをかけたハウスの中の雪。
少しずつは融けているのですが、
まだこんな感じで残っていて、
融け切るのにはまだまだ時間がかかりそうです。

それもそのはず、
こうも毎日凍てつく日々が続くと、
日中に多少は融けても夜中にはすぐカチンコチン・・・。
その進捗は微々たるものです・・・・。

今年は例年より少し早めにトマトの苗がやって来る予定なので、
ハウスを見るたびに、ほとんど変わらない様子に焦ります。

融雪剤を撒きいたりビニールを2重に張ったり暖房で温めてみたり、
やれる事をやってます。

リノベーション、その後

住宅のリノベーション工事は、
毎日着々と大工さん達が手を進めてくれ、
完成まで残すところ1か月となりました。

年明けから内装工事をメインに手掛けてくれていましたが、
骨格を決める工事や気密工事などの、
いわゆる裏方の工事が終わり、
今は表に見える部分が進められています。

そうなると、日々の進捗が目に見えて俄然面白い。

先日は階段も姿を現し、床材も張られ、いよいよ家の形が見えるようになりました。

今は備え付けの棚や家具類の作成、
これから、壁などの仕上げに入っていく感じです。

画像














画像

対峙する

農家仲間さんに連れて行ってもらって、
生まれて初めての「ワカサギ釣り」。

元々釣りが好きで、昔は渓流釣りに行ってましたが、
久しぶりに魚と対峙して、その駆け引きを思い出しました。

画像
















釣果は・・・・、ですが、
みなさんの御好意もあって、家族で舌鼓を打つことが出来ました。

画像

















やはり釣りたての味は最高です。

冬の楽しみがまた一つ増えました!

画像

今年も出ました、札幌国際スキーマラソン

今年も家族全員で出場!

札幌国際スキーマラソン大会!

クロスカントリースキーの大会で、
昨年までに続いて、父ちゃんは25km、あとのみんなは11kmに挑戦です。

快晴無風でコンディションは最高!
爽快な青空のもとで、気持ちよく滑れました!

今年も家族みんなで出られた事に感謝。
やっぱりクロカン楽しいわ!

(スタート前でやや緊張?)
画像














(タイムを大幅に伸ばした3女M)
画像














(恒例になったレース後のご褒美)
画像