堂々の3位!

下の句カルタの「北海道こどもかるた大会」が行われ、
娘たちのチームが堂々の3位に入りました。


各地区を勝ち残った強いチームばかりの中で、
本当によく頑張った!
強かった!
見事!快挙です!

024.JPG

本当によく練習もしたし、悔しくてよく泣いてました。
でもそれだからチームの結束力が出来たし、
大会中もチームの雰囲気が明るく良かった。
チームメイト、教えてくれた先生方や大人たち、
練習相手になってくれた仲間達に感謝ですね!

0421.jpg

こんないい経験が出来た子供達、本当にうらやましいです。
応援して下さったみなさん、ありがとうございました。

001.JPG

落雪注意!

季節外れの暖気のお陰で、
案の定、屋根の雪が落ちました。

001.JPG

っていうか、落ちまくり~。

家も倉庫も車庫も・・・他にも色々、
そこら中の屋根から雪が落ちました。

屋根からの落雪は案外危ないもので、
大量の雪と氷の塊が入っている可能性もあって、しかも一気に・・・。
最悪、ケガだけでは済まないかも知れません。
てんちゃんの散歩にも気を遣います。

002.JPG

お陰で屋根の雪下ろしを、結局今年はやらずじまい。
もうこの先もやる必要はないでしょうね。

道路の雪もすっかりなくなっちゃって、
雪融けの水たまりで車はドロドロ・・・。
まだ2月半ばというのに、もう春みたいな景色です。

真冬の風見鯉?

006.JPG

青空の中を泳ぐ「鯉のぼり」。
とても気持ち良さそう~

と思うでしょ!

これは真冬の極寒の青空です。
鯉達は激寒の中で泳いでいるのです。

まあ、昨年から外し忘れてそのままなだけなんですが・・・。
仕事柄、風向きを知る事がとても大事なので、
「風見鶏」ならぬ「風見鯉」として活躍して貰っているのです。

しかし、寒そうですな・・・。


ところで、今日から日本列島は季節外れの暖かさ・・・。
ここ美瑛も、かなり久しぶりにプラスまで気温が上がりました。
しかも、現在23時30分なのに、なんとプラスの5℃!
先日の夜は-30℃まで下がったので、その差35℃ですよ。

至る所で屋根から雪が落ちているみたいです。
我が家も先ほど轟音が響いていました。

朝起きると凄いことになっているんでしょうなぁ。

参りました・・・

先日「-30℃」近くまで下がった美瑛。
本当に強烈な寒さでした。
旭川近郊の江丹別は-36℃。
これは2001年以来だそうで、
ということは、我が家が美瑛に移住してから最も寒い朝だったってことで、
改めて北海道の寒さを実感しました・・・。

我が家では、こんなに暖かい家なのにトイレを流す水が凍ってしまいました。
トイレの手洗いの水は出るのに・・・。
工務店さんに対策を検討してもらっています。
外に置いてあったトラックは、
なかなかエンジンがかからず、
日が昇ってお天道様が車体を温めてくれたお陰で、11時頃にようやく動き出しました。
車庫に置いてある冷蔵庫は、
あまりに寒くて中が冷凍庫になってしまい、
ジュースもこの通り、凍って変形してしまいました。

001.JPG

エンジンや水道の凍結、冷蔵庫が冷凍庫、
これ、北海道ではあるあるです・・・。

北国は寒さに慣れているとはいえ、
色々生活で面倒な事があると焦りますね。

‐30℃まで下がった次の日の朝。
‐20℃近くまで下がったのですが、
外に出ると不思議と暖かく感じました。
-20℃が暖かいなんて・・、凄いです。

せっかくだから、この寒さも楽しまないと、ですねー。

冬の親子遠足

小学校のイベント「冬の親子遠足」。

001.JPG

スノーシューを履いて、
十勝岳の麓の森を散策したり、
急斜面でタイヤのチューブやソリで滑って遊んだり、
親子や先生を交えて、楽しい一日になりました。

雄大な森が近くにあるけど、それを体感する機会って意外にないんですよね。
良い機会になりました。

いや~、しかし寒かった・・・。

009.JPG

川霧

今朝は凍れました!

あっ、ちなみに「凍れ」と書いて「しばれ」と読みます。
北国では、寒いを超えてもっと寒いことを「凍れる」と言います。

今朝の美瑛の最低気温は、なんと「-27.5℃」だったようです。
旭川近郊の江丹別では-30℃を超えたみたいです。

このブログで時々-20℃以下の話題を書いていますが、
-20℃と-27.5℃では、また一味違う寒さなんです。
全てがキンキンに凍り付いていて、外に出た瞬間に人間も凍り付く感じ。
本当に身の危険を感じます。

-20℃くらいでは何の影響も感じないけど、
今朝は車のエンジンがすぐにはかかりませんでした。
美瑛でも水道管の凍結があったみたいです。
普段から凍結対策がしっかりされているハズですが、それでも凍ってしまうくらいなんですね。

家のすぐ近くを流れる美瑛川。
青い水が流れるのでも有名ですが、
こんな寒い日には、川には「川霧」が現れます。
地表近くの冷やされた空気と川の水の温度差により水蒸気が多くなると見られる現象です。
まるで温泉が流れてるみたいですね。

008.JPG

寒い朝の幻想的な風景です。

節分、満喫。

001.JPG

「あれ?みんな無視かい?」

と思ったら、今日は節分でした。

みんな今年の「恵方(西南西)」を見ながら太巻を食べているんでした・・。
しかも、丸丸一本何もしゃべらないで。
我が家は毎年ちゃんとやってますよー。

太巻を平らげた後は、鰯のかぶりつき!
鰯を食べるのは、主に西日本の風習らしいですね。


そして最後は豆まき!

今年は新しい家で初めての豆まき。
子供達が各部屋を全部回って、豆を撒いてくれました。
なんと、トイレまで。
きっと良いことあるな、今年も!

豆まき初体験の天ちゃんは、撒かれるピーナッツに興味津々なのでしたー。

<手作り恵方巻>
003.JPG

<食べかけの鰯>
004.JPG

少しずつ・・

最初にビニールを掛けた育苗ハウス。
もうほとんど雪が融けて土が見えてきました。

002.JPG

でもまだグチャグチャ・・・。
乾けば、やれることも一気に増えて忙しくなります。

今日は潅水用の「ため池」ハウスにもビニールを張りました。
仕事が溜まらないように、少しずつやらなきゃいけない事を進めています。

001.JPG

噛みつき犬・・?

柴犬の天ちゃんが可哀そうなことに・・・。

003.JPG

まるで「噛みつき犬」が矯正されてるみたいな感じ。

実は天ちゃん、急にお尻が腫れてしまって治療中。
そこを舐めるとよくないとのことで、舐めてしまわないように顔に対策をされてしまいました。

これでは御飯もうまく食べれないしオモチャでも遊べない・・・。
イチイチ壁に当たるし、頭を下げると雪をスコップみたいにすくってしまう・・・。
ちょっと不便で可哀そうな天ちゃんです。

でも、お尻の様子は良くなってきました。
もうちょっとの辛抱かな~。

極寒の季節です

二十四節気の「大寒」を過ぎ、寒い日が続いています。

先日も朝の気温が「-23℃」。
1月末から2月頭にかけては、
1年のうちで一番寒い時期のような気がします。
まさに今が一番底ですね!

さて、農作業の方はといえば、
トマト農家が集まってハウスのビニール張りを行っています。
天気が良くて絶好の「張り日和」の日には、
何軒かの家をハシゴすることも。

我が家も10棟中6棟分のビニール張りが終わりました。
少しずつ春に向けて動き出しています。

001.JPG

浮かぶ峰々

風のない夕方、
日中に温められた空気が一気に冷えて、
凍るような気配に包まれます。

澄み渡った青白い空の向こうに浮かび上がる峰々は、それはもう本当に綺麗です。

001.JPG

下の句カルタ、上川大会!

下の句カルタの美瑛大会を勝ち進んだ子供達が、その上の上川地区大会に出場しました。

結果は、次女のチームが優勝!
3女のチームは惜しくも敗れてしまいました。

3女は今年初めて上川大会に行く切符を手にしました。
とりあえず1勝、と思う両親を尻目に、
3女は更に上を目指す気持ちで練習も頑張っていました。
結果は1勝1敗で、最低限の1勝という目標は達成したのですが、3女的には納得していなかったみたいです。
その熱い気持ち、嬉しいな。
よく頑張ったと思います。

3女チームはまだまだ若いチーム。
来年以降、どうなってくるかが楽しみです。

次女チームは圧勝でした。
色々プレッシャーもあったと思いますが、
それを感じさせない気持ちの強さとチームワークがあると思いました。

それだけの練習をしてきたもんね。

ここまで育てて頂いたカルタ関係の大人の皆様に本当に感謝です。
一人一人をよく見て、愛情を持って指導して頂きました。

カルタの札を狙うこの背中が、いつの間にかとても大きくなった気がします。

DSC08789.JPG

さて、次は全道大会です。
今年はどこまで行けるかな?


美瑛からは合わせて4チームが全道大会に出場。
それぞれのチームがこれまで色々苦労してきたのを見ていただけに、出場を決めた時には本当に泣けました。
2月の札幌定山渓での全道大会、今から楽しみです。

白銀の峰々

今年は雪が少なくて、除雪のアルバイトに行く機会も少ないです。
まあ、行っても行かなくてもお給料は変わらないので、行かなくて良いなら楽なんですが~。

職場はココ!

012.JPG

十勝岳連峰の麓の森。
天気が良いと白い山々が眩しくて、
まさに「白銀(はくぎん)」ですね。

この日は風も穏やかで、
普段なら猛烈な風が吹いている稜線上も、
快適に歩けそうな気がしました。

最近、とんと冬山から離れてしまったけど、
これを見るとそそられますね!
でも、道具が・・・古い・・・。

天(てん)です、よろしく!

新しい家族の柴犬は、
「天(てん)」という名前になりました。

お天道様の「天」です。

004.JPG

個人的には星空が綺麗なことも理由のひとつかな。
何せ、ここでの生活では、
昼でも夜でも天を仰ぎ見ることが多いので。
お天道様が何より大切な、農家らしいネーミングのような気もします。

我が家に来て早4日。
すっかりここでの生活に慣れたようで、ホッとしています。
子供達ともよく遊び、そしてすぐ寝ます。
随分気も許すようになって、お腹を見せて転がることも多くなってきました。

寂しがりやで、家族が誰もいなくとすぐに遠吠えをしていたのですが、
数日経って、少し我慢することも覚えてきました。
ただ、夜はリビングで1人になるのがどうしても寂しいらしく、
夜中ずっと鳴いて、家族はすっかり寝不足・・・。
あと数日で慣れてくれれば良いんですけど・・・。

すぐに「おすわり」も覚えました。
もしかして天才かな(親バカ・・笑)

家族が増えました

我が家に新しい家族が増えました。

札幌生まれの赤毛の柴犬です。

001.JPG

昨年末に家族でブリーダーさん宅を訪れ、
みんなで決めました。

待ち遠しかった1カ月・・・。
ようやく受け渡し可能な日数に達し、
今日、ブリーダーさんから受け渡して頂きました。

いきなり美瑛まで3時間のドライブ。
でも、道中ずっと良い子で膝の上で大人しくしていました。

今までずっと一緒だったお母さんや兄弟達と別れてしまい、少し可愛そうではありますが、
それ以上にこれから我が家で愛情いっぱいに育ててあげたいと思います。

みなさん、どうぞ宜しくお願い致します。

順調、順調~♬

先日ビニールを張ったハウス。
中はご覧の通り、土が見え始めています。

001.JPG

夜中にはマイナス15℃以下くらいまで下がるので、土は毎日カチンコチン・・・。

天気が良い日にお天道様の日差しで少しずつ融けていきます。

そのうち土の匂いが感じられるかな~。
待ち遠しいような待ち遠しくないような・・・。

ビニールが張られました

いつもの地域のトマト農家さんに集まってもらい、
無事に1棟目のハウス張りが終わりました。

001.JPG

これからみんなのハウスをどんどん張っていきます。

比較的良い天気の日が続いていて、
ハウス張りも楽で助かります。

というよりむしろ、
毎日晴れていて日焼けが気になる・・・。
すでに顔は赤ら顔です。

夕方、山がきれいでした。

001.JPG

ありがとう、さようなら

子供達みんながお世話になった地域の保育所。
築50年近くなり老朽化が激しくなってきたのですが、
地域の熱い熱い要望もあって、
この度新築されることになりました。

田舎の地域にとって、
保育所や学校がなくなるというのは、
地域が廃れてしまう致命的なこと。
幸いこの地域には活気があり、まだまだ熱い想いを持つ人達が沢山いて、
周りの多くの人を巻き込んで、保育所建て替えという新しい門出を迎えることができました。

でも、沢山の思い出が詰まった古い保育所の建物が取り壊されることに。
そこで、最後にみんなで思い出を残そうと、
卒園した子供達や大人たちが沢山集まって、
壁に落書きするという粋な計らいが・・。

DSC08715.JPG

我が家にとっては、
長女を連れてこの地に移住し、
その後、次女・三女もここで生まれ、
保育所を通じてこの地域に溶け込むことができました。
農業を一から始めるにあたり、
ここで子供達を預かって貰えることで、仕事に専念出来たと思います。
保育所には本当にお世話になり、この古い建物には沢山の想い出があります。
子供達が沢山お世話になった保育所への感謝。
そんな想い出に耽りながら落書きをしました。

DSC08722.JPG

子供達もみんな、普段は出来ない壁への落書きに大喜び。
沢山書いて、保育所最後の良い思い出となりました。

013.JPG

ありがとう、さようなら!

015改.jpg

2020仕事初め

いよいよ仕事が始まってしまいました。

秋の仕事が一段落してから1か月半・・・。
まあ、十分休んだかな?

仕事初めは、例年の如く、ハウスのビニール張り準備のため、除雪です。

021.JPG

除雪機とスコップを使ってひたすら除雪・・・。
これが鈍った身体にはキツイんです!

でも~今年は雪が少なく楽ちんです。
何せ、こんなに雪が少ない。
15㎝くらいしか積もってないかも・・・。

022.JPG

「朝飯前~♬」くらい楽ちんかな・・。

助かってます。

写真は「北海道最高峰旭岳と我が家のハウス」
004.JPG

冬の遊び場

地域の青年部が中心となって企画してくれるスノーフェスティバル。

004.JPG

スノーモービルでラフティングボートやバナナボートを引っ張ってくれたり、スノースクートに乗ったり、雪中宝探しをしたり・・・。

子供達にとっては最高の遊び場です。

小さな地域ではあるものの、パワーあります。

親達が豚汁やおにぎりなどのお昼ご飯を準備して、
楽しい一日となりました。