寒気が過ぎて・・・

ピュアホワイトの畑への定植が遅れています。
原因は、少し寒い日が続いていること。

まだまだ霜が心配なこの時期は、
天気図や週間天気予報を見て、なるべく良い日を選んで定植します。

今年は霜予報が続いていたので、
ズルズルと定植を延期しているうちに少し遅くなってしまいました。

今日も本当は風が強くて良い日ではなかったのですが、
風の冷たさも幾分和らいだので、
もう待てない、と植えてしまいました。
画像
















植えている途中、
エゾユキウサギが隣の麦畑からずっとこちらを見ていました。
「何を植えてんのかな~」とでも思ってるんでしょうか?
苗を食べなきゃ良いですが・・・。

この露地物ピュアホワイトが採れるのはお盆前ですね~。

エゾヤマザクラ

「桜前線」という言葉が、
すっかりニュースから消えてしまった今日この頃ですが、
今、美瑛は桜が満開を迎えています。
桜前線がようやく美瑛にもやってきました。

ようやく、ですよねー。

我が家にもエゾヤマザクラの樹があります。
就農した10年前に、就農祈念として町から頂いたものです。

この桜、
昨年、ようやく初めて花が咲きました。
確か3輪だったかな・・・。

今年はどれだけの花を咲かせてくれるのでしょうか?
楽しみにしています。

画像

昇龍

まだまだ肌寒いこの季節、
雨の後にお天道様が顔を出すと、
畑の水分が一気に蒸発!

画像
















冷たい空気の中で温められた水分が一気に蒸発するので、
上昇気流により竜巻が発生!

畑のあちらこちらに小さい竜巻が幾つも出来るのです。

画像






















これがなかなか面白い!
竜巻が発生して発達しては消え、発達しては消え・・・。
それはまるで、畑から「龍」が出てきて、天に昇っていく様です。

まさに「昇龍」ですね。


毎年何度か見られる光景ですが、
昨日の昇龍はその中でもかなり見ごたえがありました。

ピュアホワイトとヘルパーさん

今年、農園を手伝ってくれている、
農業ヘルパーのKちゃんと一緒にピュアホワイトの定植。

画像





















今年も甘いピュアホワイトが食べれますように!


Kちゃんは、多くは語らず黙々と作業に専念する、
言わば「職人」タイプ。
まだ慣れないトマトの作業も、
丁寧に頑張ろうとしてくれるので助かります。

遠く北海道まで来て農作業を手伝いたい、というんだから、
きっと何か強い意志があるんだろうなぁ。

今年の我が家の野菜は、
Kちゃんと我々夫婦の汗と涙の結晶です。



こどもの日と草餅

我が家のこどもの日名物。
お母ちゃんの作る「草餅」です。
今年も忙しい仕事の合間を使って作ってくれましたよ。

画像






















ちょうど今、よもぎが出てき始め、柔らかい良いよもぎが取れます。

自家製小豆で作った「あん」も、良い感じで、
今年も美味しく頂きました。

四季を感じるこの習慣、とても良いと思います。
子供達の心にも残ってくれたら良いのになぁ。




出てきました!

最近少し肌寒い日が続く美瑛です。

アスパラも、もうあと少しってところで足止めか、

と思って畑に見に行ってみると、

いえいえ、ちゃんと出てきてました。

もう食べごろのサイズもあります。

GWが終わると、いよいよアスパラシーズンに突入でしょうか!


画像

うーちゃんと家族写真

結婚15年目を迎えました。

いつも撮ってる、結婚記念日の家族写真。
今年ももちろん撮りました!

今年は「うーちゃんの花畑」でパシャリ!

「うーちゃんの花畑」というのは、
昨年亡くなったエゾユキウサギのうーちゃんが、
亡くなる直前に食べていた紫色の花がいっぱい咲いている花壇で、
ちょうど春のこの時期に綺麗に満開なのです。

画像





















うーちゃんは、最後はもう食べる元気もなく、
エサも庭で採ってきた草も全く食べなくなってしまいました。
でも、この紫の花を口元に持っていってやると、
奇跡的にこの花だけは食べてくれたのです。
それから我が家ではこれをうーちゃんの奇跡の花と呼んでいます。


朝、子供達が学校に行く前に花壇で撮ろうとしたら、
なんと、エゾユキウサギがちょうど花畑に遊びに来ていました。
うーちゃんの友達かな?

何だか、うーちゃんに見守られているような、
今年はそんな家族写真になりました。

アスパラ殻焼き

雪融けが早かったお陰で、
毎年恒例のアスパラの殻焼きも、例年より早くその日を迎えました。

アスパラの出来栄えは、
「前年にどれだけ光合成が出来ているか」 です。

夏にしっかり光合成して、茎はその役目を終えて秋に枯れます。
そして冬の間、雪の下になっていたのが、
春の雪融けと同時に出てくるのです。


ここ最近、良い天気が続いていた北海道。
殻もすっかり乾燥して、良い感じに焼くことが出来ました。

桜の開花がいつもより1週間ほど早い予想が出ている美瑛。
アスパラシーズンの到来も早いのでしょうか?

(特別な許可を得て殻を焼いています。良い子はマネしないでね)
画像


美空ひばり

穏やかな春の日が続いています。

畑の雪もほとんど融け、トラクターの忙しそうな音が聞こえ始めました。

北国の遅い春が動き始めた、そんな感じがします。

画像
















早い春の到来で、いつもよりも早めから見かけていた「ひばり」。

宇宙まで見えそうな青い空に吸い込まれるように飛んでいくその姿は、

見ていて本当に爽快です。

暖かい日差しを受け、壮大な景色の中を自由に飛べるのは羨ましいです。


この写真の真ん中にも、実はひばりが飛んでいるんですよ。



「美空ひばり」という名前、改めて凄い名前だと思います。


満開

春は来ても、桜の花はまだもう少し先、の美瑛ですが、
我が家では、今、トマトの花が満開です。
もちろん、ハウスの中ですけど~。

トマトの花は、黄色い花です。
結構、可愛くもあり、凛々しくもあり、良い形をしています。

画像





















仕事柄、このトマトの花というものをよく観察する訳で、
きっと普通の人が見るよりも、自分にはとても愛おしく見えているに違いない、と思うのです。

実はトマトの花を見れば、今の状態が結構わかるんです。
朝一にトマトの観察をしますが、
その時に花の形や色、大きさなど、沢山観察するところがあります。

理想は、黄色ではなく「山吹色」。
黄色が薄くなっているというのは危険信号です。

今年もまた、トマトの花に一喜一憂する日々が始まりました。

画像

優しいこびと達

最初に植えたトマト達の芽かき作業も出てきて、
段々と忙しくなってきました。

そんな中、昨年同様、またやっちまいました。

腰です。

ぎっくり腰、というか何というか・・・、
ある日急に、それまで溜まっていた腰の痛みが一気に出るというか・・・。

昨年もトマトの芽かきを始めた時になったので、
そろそろ気をつけなきゃと思っていたんですけどね・・・。

ということで、自分は腰を労りながら軽作業に専念。


代わりに、なんと!
我が家の「こびと達」が芽かきをしてくれているではありませんか!!
おとうの腰がヤバいと思って気を遣ってくれているのかな?

画像




















赤と緑のツナギを着た可愛いこびと達。
結構上手に、そして楽しみながらやってくれています。
助かるなぁ。

ちょっとの間、腰痛のフリをしてても良いかも知れませんね。

ドラミング

春は沢山の野鳥が庭にやって来てくれます。

最近、毎日、庭の電柱に飛んできては、
てっぺんのカバーをつついてドラミングをする鳥がいるんです。

画像






















キツツキの一種「アカゲラ」です。

毎日、暇さえあれば電柱の上にとまって、
カバーを一生懸命につついてます。

もちろん、そこをつついても虫が取れる訳ではないのですが、
きっとカバーが反響して良い音が鳴るんだと思います。

自分のドラミングに酔いしれているんでしょうかね?


毎年、春のこの時期だけ庭先にやってくる「アカゲラ」。
お陰で今年は、キツツキの春の音を随分楽しむことが出来ています。

ビニール張り、ようやく終了・・・

我が家はハウスが連続して並んでいるので、
雪が多い時期には、飛ばした雪をためておくハウスが必要です。

でも、4月に入ると、もう雪を飛ばすこともなくなるので、
そのハウスにもビニールを張りました。

これで10棟全部にビニールが張れたことになります。

画像
















いつものハウス張りメンバーの皆さん、ありがとうございました。


ハウス張りメンバー全員のハウス総数は50棟以上・・・。
今日張ったうちのハウスで、今シーズン全て張り終えたことになります。

画像
















夕暮れ・・・・、
地域を見渡すと、ほとんどのハウスにビニールが張られ、
当たり前ですが、もうすっかり春モードですね。
この辺りもハウスが多くなったもんです。

画像

乾杯したくなる季節

最初のトマトの定植も終わり、
大きい育苗ハウスが早くもお役御免になりました。

画像
















外気温が氷点下20℃にもなる時期に使用するため、
この育苗用ハウスには地面に温水を流す細工がしてあるのですが、
このパイプもトマトを植える時には邪魔になるので撤去します。

画像















トンネルをしたりパイプを埋めたり・・・・、
準備にはアレコレと時間をかけたのですが、
片付けとなるとあっという間です。
毎年のことですが何だか勿体ない・・・。

でもこの後すぐにここにトマトを植えないといけないので・・・。


雪も融けてきて、冬から春へ開放感溢れる季節!
待ってましたとばかり、フライング気味に「庭で焼き肉」開始です!

画像
















まだ庭には雪もあるし、夕方には0℃近くまで下がる寒い中、
ジャンパーやらフリースを着込んで、いざ乾杯!

いや~、これでもだいぶ暖かくなったんですよ~。
久しぶりに酔っ払いました~。


トマト植え~

先日、今年初のトマトの定植を行いました。

お手伝いに2人来てもらって、何とか4棟分!

これでまた一段と気の抜けない日々が始まります。

画像
















我が家で一番農作業が好きな3女。

春休みで時間を持て余しているので、もちろんハウスに入り浸り・・・。

お気に入りのツナギを着て、専用手袋をして、
トマトを入れるコンテナのお手伝いです。

画像















いつまで手伝ってくれるんでしょうか?

以前は邪魔するだけだった子供達も、
最近はちゃんと役に立つようになってきました。

長女は絶対に出てきてませんけどね~。

春休み

全国各地で桜の話題が絶えませんねー。

ここ美瑛も異様に暖かい日が続いています。

雪融けも一気に進み、畑の土も見えてきました。
ハウス周りも庭も道路も、雪融け水でドロドロです。

画像



















3月のうちにこれだけ融けるのは初めてかも・・・。

画像




















春休みに入った子供達が暇を持て余しているので、
冬の間しまっていた大好きな鉄棒を出しました。
本当は一輪車も出してあげたいけど、
我が家は庭が砂利なので、まだドロドロ状態。

もう少し待ってね。

画像

銀嶺

春分の日は恒例の手作り「ぼた餅」。

画像



















今年もかなり美味しく頂きました。

北国にとっては待ちに待った「春」の到来です。



ここ最近良い天気が続いており、毎日十勝岳連峰に見守れながらの農作業です。

白い峰々が春の日差しに照らされると、
眩しいくらいに反射して、
まさに「銀嶺」の様です。

画像















連日、トマトを植えるための畑をせっせと作っています。

白い山を見ていると疲れも吹き飛びますよ~。

澄み切った夕方

一番綺麗な時間帯を惜しくも逃してしまいました。

画像
















今日の夕日と、夕焼けに映える十勝岳連峰は実に美しかった。
「澄んだ空気」という言葉がまさにピッタリくる感じ。


晴れた分、夕方になって冷え込みが厳しく、現在-10℃。
明日の朝は-20℃まで下がるそうです。

明日は春分の日。
冬将軍ともそろそろオサラバしたいですね。


春を感じながらベッドづくり

ようやくハウスの中の雪も融けてきて、

ハウスの中の作業が出来るようになりました。

早速、遅れを取り戻さなければ・・・。

定植まで時間がないので、急いでベッドを作ります。

画像















土の水分が勢いよく蒸発して、

ああ、春って感じ!

土の中ではミミズ達がもう動いていて、

ハウスの中は季節が一足先に進んでいます。

可愛い芽

育苗の段階で生長点を摘芯。

出てくる脇芽の中で良いものを2本選んで伸ばす「2本仕立て」。

何だかかんだで、取り組み始めてもう7年目になります。


色々と試行錯誤、失敗の連続も経験して、
だいぶ使える方向が見えてきました。

最近は2本に仕立てる作型も固定されてきて、
これも我が家の定番となってきました。

ただ、どの位置で摘芯するか、をもう少し追及したい。
今年の2本仕立てがこの先どうなるか!
とても楽しみです。

画像



















摘芯して1週間が経過して、
可愛らしい脇芽の赤ちゃんがこんなに大きくなってきました。

まだまだ小さいこの脇芽が、
次第に大きくなって実を付け、
それで我が家を支えてくれる存在になるんですから、
この脇芽がどれだけ愛おしい存在か・・・、
みなさんにも伝わってくれれば良いなぁ。