秋の家族登山

最低気温も最高気温もぐっと下がり、秋になりました。
仕事も一時期の忙しさを越えました。
少し余裕が出てくると「今年はどこに登ろうかね~」という話が出ます。
忙しい中でも一年に一度は家族で登山をしようと思い、
今年は北海道最高峰「旭岳」を目指すことにしました!

朝6時半に家を出て車の中でおにぎりを食べながら
麓の旭岳温泉を目指します。

旭岳は標高2291m。
下の旭岳温泉からロープウェイで一気に1600mの姿見駅まで運んでもらいます。
画像





















姿見の駅で入山写真。
天気は晴れ。
空にはおおきな雲がぽっかり浮かび、目指す旭岳は全部しっかり見えています。
時刻は8時。まずは姿見の池と石室を目指します。
画像





















姿見の池までは遊歩道という趣で、三女も自分で歩きます。
30分ほど歩くと姿見の池に到着。
画像













旭岳を含む大雪山は活火山で、旭岳の山腹にはいくつも噴気孔があり
勢いよく噴煙が上がっています。迫力満点!
青い姿見の池と周囲の緑、その上の旭岳はとても美しい風景です。
チョコとアメで気持ちを高めて、いよいよ登山開始です。
今回の登頂成功には年長さんの次女の頑張りがかかっています。
なのに・・・三年生の長女が「気持ち悪い・・」「足が痛い・・」
「もう帰りたい・・」とネガティブなことばかり言っています。
そのつどお尻をたたいて上を向かせます。
画像
















少し歩くとみんなのペースが決まってきて歩きやすくなりました。
噴気の音を聞きながら地獄谷沿いの尾根を登ります。
お父ちゃんもお母ちゃんも学生時代以来の旭岳登山(しかも冬ですが)。
昔のことも思い出しつつ登ります。
画像












下を見ると少し紅葉が始まっています。
緯度が高く、旭岳では日本で一番早く紅葉が始まるんです。

途中3,4回休憩します。
背負子の中の三女はずっと座っているので寒くてかわいそう。
休憩の度に歩かせ、どんどん服を着せました。
画像
















空が近くなってきました。
ひたすら登りです。8合目くらいから次女がちょっと大変そう。
9合目付近にある真四角の大きな岩「金庫岩」を話題に出して
気分を高めます。
しかも「ニセ金庫岩もあるんだよ」と言うと長女が食いついてきました(笑)。
このころからピーク付近に雲がかかったり晴れたり。
画像
















無事金庫岩も発見し、最後の登りにかかります。
長女や次女が頑張って登っているのを見て多くの方が声をかけてくれました。
そしてお父ちゃんの背中にいる三女を見つけてみんな驚きます。
みんなに「いいね~」「私も乗りたい」と言われていました。

そして10時45分、とうとうピークに到着。
はー、よく登ったね。
ピークに着くと、急に向こう側の景色が見えました。
カルデラ地形のお鉢平、その周りの山々、一番奥には黒岳も見えました。
子供たちに見せたかった裏大雪の山々(石狩岳やニペソツ山など)は
雲の中で見えませんでした。残念。
子供たちが「おなかすいた~、お弁当食べたい~」とうるさいので
準備をしていると、とうとうピークもガスの中に入ってしまい、
遠くは見えなくなりました。
画像




















ご飯を食べているとどんどん人が登ってきます。
我が家と同じような家族もいます。
同じようなにおいのする(?)両親と子供三人。
下の子はやっぱり年長さんということでした。みんな頑張ったね。
もうひと組同じくらいの年の子を連れた家族もいました。

下りはガスの中です。
急な下りは砂礫で踏ん張りにくく、次女も長女もよく滑ります。
「休みたい」「池はまだ?」という声ばかり聞こえます。
まだまだ登ってくる人たちとすれ違いながら下りました。
三女は途中から眠ってしまいました。

何とか次女も元気を保ったまま姿見の池到着。
画像












この表情です。
よく頑張りました。
ゆっくり休憩して、来た道とは別の遊歩道を通って姿見の駅に向かいます。
コケモモの実やクロマメノキの実、実を食べるシマリスも見えました。
無事駅に到着。お疲れさま~。

ロープウェイで、雲が晴れてきた旭岳や金庫岩を振り返りながら下ります。
下山後は旭岳温泉に入って帰りました。
(温泉で偶然ワンゲルの後輩S男とMちゃん一家に会いびっくり!偶然すぎる!)

いつも見えている十勝岳や大雪山の向こうにまた別の山があって
その向こうにまだ北海道が広がっているんだよという話をよく子供たちにします。
今回、その景色を見せてあげることが出来なくて少し残念。
でもあまり見たことがないお鉢平の様な高山の景色をみせてあげれたのでよかったです。
何より家族でわいわい楽しい一日になって、本当によかった。
みんなよく頑張ったね。
画像

この記事へのコメント

びん
2013年09月10日 22:14
すごーい!
ちょうど去年の今頃、我が家も私の両親と登りましたが、息も絶え絶えでした(^_^;)
ちっちゃな娘ちゃんたちも自分の足で登ったんですねー!しかもお父ちゃんはおんぶ!
最近、うちの母は足の調子が悪くて登山をしてないみたいだけど、幼児でも頑張ってるのよー!と話さなくちゃ*\(^o^)/*
keiko
2013年09月11日 04:19
びんちゃん

わー、久しぶり。
息も絶え絶えでも御両親もすごいよ。びんちゃんの御両親も登ってたよねーって話してたんだよ。
小学生はともかく次女は小さいのにすごい。体力もやる気もあるので、平気なんだよね。
来年は三女も自分の足で歩くだろうから、どこかもっと森の中をのんびり歩くことになるだろうな。
御両親、登山をなさるんだね。うちの両親も登るよ。まだまだ元気でいて欲しいよね。
ごん
2013年09月11日 23:06
いいっすねー!
keiko
2013年09月12日 04:24
ごん

いいでしょー!
紅葉はまだ始まったばかりだったけど、おかげで混雑もなくのんびり登れたよ。
カメラ置いての下山写真、撮り忘れたわ。