自転車だっ!

道の雪も融け、いよいよ自転車シーズン突入!

子供達が喜んで、まずは「とりあえず乗る!」。

011.JPG

半年間、自転車に乗れていなくて、
待ちに待ってこぎ出すこの興奮。
みなさん、分かって頂けるでしょうか。
それはもう、嬉しいの一言です。

実は子供達より前に、自分が先にひと乗りしてしまいました(笑)。

007.JPG

なごり雪?

雪が降っては融け、降っては融け、
その間にも少しずつ積雪はなくなり、
標高の高いこの辺りも少しずつ雪がなくなってきました。

日中は雪解け水でハウス前の道路も川になります。

007.JPG

土の所は毎日グチャグチャ・・・。

天のお散歩も、出来るだけ汚れないように、
と思うのですが・・・。
面白いことに、
犬も自分の身体が汚れるのが嫌いなのか、
雪が残る場所を選んで歩くんですよねー。

でも残念なことに、雪が残る場所が段々少なくなってきました。

006.JPG

ヒバリ初鳴き

青空がのぞき春の陽気を感じるこの日、
空高くから懐かしい声が・・・。
けたたましく、忙しく鳴く声・・・。

おっ、ヒバリです!

久しぶりに聞く声につい嬉しくなります。
半年振りくらいかなぁ。
何だかけなげな姿が好きなんですよねー。
歩いている姿もまた可愛らしくて・・・。

北国で暮らしていると、
そこかしこに見える春の気配に、
喜びを見つけるのですが、
天高く飛び行くヒバリの姿も大きな喜びのひとつです。

(黒い点がヒバリなんですが・・)

002.JPG

ふと見ると、まだ白い

ここ数日は、トマトの定植に忙しい日々でした。
それも一旦終了。

忙しくて下ばかり見てたけど、
久しぶりに顔を上げて周りを見た気がする。

周りの雪はだいぶ融けた気がしますが、
畑はまだ白いし、十勝の山々もまだまだ真っ白ですね。
格好の残雪スキーシーズン。
いいなぁ。

005.JPG

植えながら、反省する。

さあ、いよいよトマトの定植です。

しゃがんで苗をひとつひとつ植えていくのは
なかなか辛い作業なのです。

この日を待ちわびていた3女。
分散登校で学校から帰って来ると、
少し手伝いに来てくれました。

003.JPG

植えながら苗を見ていると、
つい、苗の姿や根の張り具合とかが気になって、
反省することも結構あります。

もう少し上手に苗を作らないとなぁ。
「毎年農業一年生」と言われる所以を改めて実感しました。

評価が下りました。

今年も70点くらいですね・・。

今日で第1弾トマト苗の育苗が終わり、
定植するハウスに移動が始まりました。

001.JPG

70点・・・。
まあ100点になることはない、というか、
理想が高すぎる、のか、
なかなか目標とする姿に近づいて貰うのは難しいなぁ。
毎年、改善出来た点もあるし、
でも、新たな課題も見つかったり。
もちろん、ここからまだまだ改善の余地はあるし、
これから、定植して2週間、1カ月が腕の見せ所ではあるのですが、
まずはここまでの評価が下りました。

70点でも愛おしい苗たち。

さあ、明日からいよいよ定植です。
定植後、本当の苗の質が問われます。

苗たち、ここから頑張ってくれたまえよ!

005.JPG

006.JPG

育苗後半戦

もうすぐトマトの育苗も後半戦がスタート。

ここ数年、育苗の後半戦は、
2つ目の育苗ハウスを使ってやってます。
後々家庭菜園ハウスとして活躍するこじんまりとしたハウスで。

001.JPG

そのうち苗が来て、忙しさが増してきます。
じわじわと身体もきつくなってくるのです。
ちっとは痩せるかな~。

お彼岸とぼたもち

忙しくしている間に春分の日が過ぎてしまった。
北国でも日がだいぶ長くなって来ましたよ。

春分といえば、お彼岸の期間ですねぇ。
今年も「おはぎ」いや春のお彼岸は「ぼたもち」、を作ってくれました。

今年改めて気付いたこと。
それは「ぼたもち」を子供達が案外待ち望んでいる、ということ。
そうだったかなぁ・・。
昔の人はきっと楽しみにしていたとは思うけど、
今の時代、美味しいものが巷に溢れているのに、
ぼたもちが楽しみだなんて、
中々いいじゃない。

家族で季節を感じながら、
ペロリと美味しく頂きました。

006.JPG

小学校卒業式

地域の小学校で6年生の娘の卒業式が行われました。

新型コロナウイルスの影響で、
いつもと同じような卒業式という訳にはいきませんでしたが、
先生方が色々と工夫して下さったお陰で、
子供達の決意発表や生演奏があったりと、
グッときて心に残る卒業式になりました。

DSC09111改.jpg

卒業生のほとんどが保育所からずっと一緒。
イベントなども親子で参加するものが多く、
子供達みんなを地域で見守ってきました。
そんな思い出に浸っていると、
みんな大きくなったもんだなぁとウルウル・・。
みんな自分の子供のように泣けてきました。
こう思えるのは、地域の小規模校の良いところですね。

中学生になるのを楽しみにしていた娘。
これからも色んな事にチャレンジして、
楽しく充実した中学校生活にしてね!

可愛くも厄介な・・

庭のサクランボの木を見上げると、
アカゲラのつがいがいます。
(枝がごちゃごちゃしてますが、その中に・・)

007.JPG

この季節、よくアカゲラが来ています。

キツツキの仲間のアカゲラ。
可愛らしくて好きなんですが、
家や小屋の木板の壁まで「トントントン・・・」

家が壊れてまうわー!

ちょっと厄介な鳥でもあります・・・、

春の地鎮祭

地域の春の地鎮祭。

002.JPG

これは主に農業における、
今年の無事故、豊作などを祈念して行う行事で、
地元の神社の神主様に来ていただいて行います。

ちょうど我々の地区が見渡せる小高い丘の上に
ちょっと可愛らしい石の祠があり、
地域のオジサン達が集まって、みんなでワイワイ。
昔はこのお祭りの日は一日中飲んでたみたいですよ。

コロナで外出を控えてますが、
この日はみんなでお昼を食べながら情報交換。
地域の人達が集まって他愛もない事を話すのも大事なこと。
やっぱり、こういう時間も必要ですよね。

トマトの赤ちゃん

第2、第3弾のトマトも順調に育っています。

この頃が一番かわいいなぁ。

006.JPG

この子達が収穫時期を迎えるのは7月上旬。

まだまだ、まだまだ先だなぁ。

子供は風の子

ここ数日は、トマトを定植するベッド作りを進めています。

001.JPG

急ぎのハウスは大体仕上がりました。
何だかんだ言って、定植まであと10日程に迫ってきました。
これからはハウス内を温めて、
出来るだけ地温を上げないといけません。
ハァァ、疲れた・・・。

マルチ張りや鉄筋設置には3女も活躍してくれて、だいぶ助かった。

002.JPG

ハウス内はすっかり真夏の暑さですが、
外はまだまだ積雪期。
ここ最近は寒い日が続いていて、
外と中の温度差で風邪を引きそう。

夕方、子供達が外で遊んでました。

002.JPG

最初はてんと一緒に遊ぶためだったのが、
そのうち、てんは家に入れられ、子供達だけで遊んでました。
まだ3人で雪遊びするんだね~。
長女なんてもうすぐ高校生なのに、
雪合戦とかして遊ぶんだなぁと、少しほのぼのしました。
元々、うちの子達はよく外で遊んでいたけど・・・、
(親が畑で忙しくて放ったらかしだった・・?)
まだまだ3人で外で遊んでくれるところが嬉しい。
寒いのにね!

うちの子供はまだまだ「風の子」でした。

005.JPG

春を迎える鳥達

適当に撮ったらちゃんと映ってました!

006.JPG

季節を感じて旅立つハクチョウの群れ。
(今回はちょっと数が少ないですが・・・)
甲高いハクチョウ達の声が聴こえてくると、
その姿が見たくて青空の中に声の主たちを探すのです。
もう旅立つ時期なんだなぁと、
空を見上げながら、つい見入ってしまいます。

力強く羽ばたくハクチョウ達の姿を見ると、いつも勇気づけられます。
これから遠く北の国まで旅をするのです。
生きるために、子孫を残すために。
沢山のリスクもあるだろうに・・・。

そう思うと、自分達の生活がなんと生温いことか!
頑張らなアカンなぁと思いますよねー。


さて、臨時休校中の子供達が、
庭に置かれた鳥餌台にせっせと餌を置いてくれています。
(一部、パジャマ野郎もいますが・・・)

002.JPG

暖かくなってくると、例年、鳥達の姿も増えてきます。
最近は、ヒヨドリ、ヤマゲラ、シジュウカラなどを見かけます。
極寒期には姿を消していたスズメ達も戻ってきました。
これから少し賑やかになるかなぁ。

卒業おめでとう!

本日、中学生の娘が卒業しました。

新型コロナウイルスの影響で、
最後の最後に先生や友達と会う機会がなくなり、
世の中この先どうなるか分からない~という不安が渦巻く中、
何だか地に足が着かない感じのまま卒業というのはちょっと可哀想。

式も保護者や在校生の参加は叶わず、
卒業生と先生方のみという異例のスタイルになってしまいました。
でも先生方が奔走して下さったお陰で、
急遽Live配信で式を観覧することが出来たり、
色々出来ない尽くめだからこそ、
校長先生や生徒代表の子の言葉がとても感動的で、
本当に良い式だったと思います。
休み期間中も先生方が工夫を凝らし、
子供達と接してくれた努力が伝わりました。
本当にありがたいことです。

普段あまり喜怒哀楽を表に出さない娘ですが、
卒業にあたりきっと色々と感じるところがあった事でしょう。
帰ってきて「ありがとう。」と言ってくれました。
これまで支えてくれた人に感謝し、
これからの無限の出会いを大切に、
大いに羽ばたいて欲しいなぁと思います。

卒業おめでとう!

002.JPG

大切な時間

新型コロナウイルスの影響で、
子供達が家にいる生活にもすっかり慣れてしまいました。
世間で色々言われているので敢えて何も言う事はありませんが、
しかしまあ、遊び盛りの子供達が家でずっと缶詰状態というのは本当に可哀そうです。
気晴らしに勉強してみたり、
普段やらない遊びをしてみたり、
あの手この手で時間を潰していますが、
そのうちどうしても飽きますよね・・・。
本当にこのモドカシサをどこにぶつければ良いのか・・・。

ただ、我が家にはちょうど時間潰しに良いアイテム・・・というか何というか・・・。
それは「おてんさん」です。
てんちゃんゴメンね、時間潰しとかアイテムとか言って・・・。

ちょうど今のてんちゃんは遊びたい盛り。
相手して~相手して~、と正直うるさいくらいです。
なので、子供達が毎日代わる代わる相手をしてくれるのは、お互いちょうど良いのです。
一日何回も散歩に行ったりボール遊びをしたり、抱っこされてお散歩したり・・・・。
正直、てんちゃんが疲れ果てるくらい遊びに付き合わされている時もあります。
お陰で子供達とてんちゃんの信頼関係はかなり堅いものになりました。
すっかり4番目の子供みたいですよ。

004.JPG

このコロナの影響による臨時休業。
色々大変ですが、
子供達とてんちゃんには、
この先の関係において、ちょうど良い感じの大切な時間になっているようです。

015.JPG

009.JPG

ベッド作り、案外大変なんです。

トマトを植えるハウスの準備として、
畑のベット作りが始まりました。
あっ、始まっちゃった、と言うべきでしょうか。

まずはベッドの形を作るところから~。
形は機械で作りますが、
この後は結構やることが多くて、
しかも手作業ばっかりで、
なかなか大変な作業なんですよ・・・。
毎年、案外憂鬱です。

まずは5棟分!
しばらく続くことになりますね・・・。
ま、頑張りますか!

003.JPG

小さな芽

先日、生長点を摘芯した2本仕立て苗。
本当に大丈夫かと心配もしていましたが、
早くも脇芽が出てきました。
これで一安心です。

009.JPG

この小さな芽が、今年の我が家を支えてくれるのです。

大いに頑張ってくれたまえよ!!

てんとトマト

てんちゃんにトマトの芽をあげてみた。

トマトの芽は独特の匂いがするので、
面白い反応がありそうかな~と。

007.JPG

案の定、初めて見る葉っぱに興味津々。
獲物を狙うポーズになって、
ちょっと噛んでみたり、手を出してみたり。
必死に戦いを挑んでいました。

014.JPG

そのうち葉っぱが千切れて独特のトマト臭がしたのでしょうか・・・、
てんちゃん、ちょっとむせる様な感じでペッペッってしてました。

012.JPG

てんちゃん、うちはトマト農家だからねー。
トマトには今のうちに慣れといてよー。

【※追記:注意!※】
この記事を読んでくれたトマト農家の友人から、
トマトの茎や葉などを犬に与えるのは良くないと教えて頂きました。
調べると、茎や葉、ヘタなどには、
トマチンと呼ばれる毒素が含まれているようです。
みなさん、絶対にマネをして与えないでください!!
うちの天は食べなくて良かった・・・。
気をつけなきゃいけないですね・・・。

かくれんぼ

先日の朝のこと。

てんちゃんがケージで遊んでいる、
その向こうで・・・。

何かが潜んでいる・・・。

009.JPG

分かるでしょうか。

これで分かった人はすごい!


ちょっとアップにしてみると、

013.JPG

ほら、あそこに何かが潜んでいる・・・。


分かりましたか?


分からない、という方に、
さらにアップ・・・。

015.JPG

ほらほら、つぶらな瞳で、ずっとこっちを見ていますよ・・。


えっ?分からない!
という人の為に、

どアップ!

015改.jpg

ほらほらほら、白樺の木の根元。
向こう側に見事に隠れていました。

正解は、エゾユキウサギ。
真っ白で綺麗ですね。
これじゃあ、本当に気づきませんよね!
この時は1時間くらいずっとここで大人しくしていました。
きっと隠れるのにちょうど良かったんでしょうね。
でも、丸見えですよ~(笑)。

今年もやります、2本仕立て

今年もやります、2本仕立て苗。
一部のハウスのみですけどね・・・。
もうかれこれ7年くらいやってるでしょうか。
良い事も悪い事も両方あると思います。

最近の我が家のやり方は、
本葉2枚を残してそれより先をカット!
本葉2枚の脇から出てくる芽を伸ばすという方法です。

(カット前)

001.JPG

(カット後)

003.JPG

毎年、カットして大丈夫かな~と心配になりますが、
安心して下さい、ちゃんと脇芽が出てきます。

でも、出てくるまでドキドキですね。


さて、苗が徐々に大きくなってきたので、
そろそろ苗ずらしの時期です。
隣同士の葉っぱが重ならないよう、
暇を見て、苗をずらしてあげてます。

017.JPG

さて、今年の作戦は・・・

トマトの苗が来て4日目。
うまく根が活着して、少しずつ大きくなってきました。

007.JPG

今年はこれまでより少し肥料分の少ない土を使用。
活着したけど生長点付近の色合いは淡く、中々良い感じです。
ピュアなほど白く働きそうな根も増えてきているので一安心。
でも、これからが苗づくりの大事なところだと思います。
どう仕上げられるか!
腕の見せ所です。

さて、こうしている間に、
トマトを定植する畑を作らなければなりません。

ハウス内の雪がようやく融けたので、まずは肥料撒き。

001.JPG

長年トマトを連作しているので、
畑にも細心の注意を払っていかなくてはなりません。
労わる、というイメージでしょうか。

我が家の肥料設計の基本は「海の恵みを土に返す」です。
作物を作るとどうしても減ってしまう、ミネラルや炭水化物。
これをうまく畑に戻してあげることで土づくりを行っています。

今年も更に美味しいものが出来るよう、心を込めて土づくりです。

おつかれさま~

我が家の受験生の入試日程が全て終了し、
本日夕方、受験生の束縛から解放されました。

002.JPG

家のお客様部屋に籠って、
この机でひとり頑張ってました。
我が子ながらよく頑張ったと思います。

あとは神様が決めること。
どういう結果であれ、
充実した良い高校生活を送って欲しいと思います。

まあ、とりあえずはゆっくりしてや!

桃の節句=我が家のお祭り

3月3日は桃の節句。

001.JPG

今年もお母ちゃんが桜餅を手作りしてくれました。
無添加桜餅、本当に美味しいですよ。
子供達も心待ちにしています。

毎日お茶をあげていたお雛様。
今日はお茶と桜餅が供えられていました。

002.JPG

桃の節句は女の子のお祭り・・・。
という事は、女子率が高い我が家にとって最高のお祭り。
そういえば、今年から我が家に女の子が増えてたんだった!
それは、最近随分お転婆娘になった「おてんさん」です。

そのおてんさん、
昨日、初めて外でリードなしで放してみました。
そろそろ、繋いでなくても逃げないように訓練をしなくてはなりません。

普段から案外臆病なおてんさん。
きっと、家族から離れないでみんなの周りをウロウロするんじゃないかと・・・。
一応、家族5人で見守って・・・。

011.JPG

いざ放してみると・・・、
予想通り、みんなの所を行ったり来たり、
せわしなく走り回ってはしゃいでました。

で、そのうち単独行動になり・・・、
みんながいない方に走り出し・・・、
家の敷地から出て行って・・・、
道路を走って逃げる・・・・。

慌ててみんなで追いかけたら、
辛うじて戻ってきました・・・。

ああこわ~。
まだまだ訓練が必要ですなぁ。

ありがとう!

実家から届く荷物。
いつも、健康を気遣ってくれるお手紙とともに、
家族が好きなものが一杯入っている。

001.JPG

今回は、今や貴重なマスクが入っていた。
並んで買ってくれたのかな~?
そっちでも貴重なハズなのに。

いつもありがとう。

トマト苗がやってきた

3月に入り、いよいよ我が家にもトマトの苗がやって来ました。
依頼して種まきして貰っていたものを、
うちのポットに移し替える作業、
いわゆる「鉢上げ」です。

020.JPG

今日受け入れたのは、
後々ハウス6棟に植える予定の約5500本相当。

022.JPG

今年も色々試行錯誤して足掻いてみる予定~。
さあ、どうなるんでしょうか!

新型コロナウイルス絡みで家で待機中の子供達。
3女はもちろんお手伝い~(笑)。
疲れる作業なのに、よく手伝ってくれましたよ。

021.JPG