ハクチョウを横目に撤収作業

大丈夫?そっちは南だけど~。

と、時々思うのです。
ハクチョウの群れが南へ向かって飛んで行くと、つい心配になって。

時折ハクチョウの話題で申し訳ないです。
それくらい春はハクチョウの飛来が多いのです。

005.JPG

南へ向かって飛んでるハクチョウの群れは案外多いです。
でも、それはたまたまその時に、
例えば休息地や餌場を探して南を向いているだけで、
色々な方向を向きながら、
長い目で見るとちゃんと北を向いているんですよね。
それは何となく分かるのですが、
南へ向かって飛んでると、ついツッコみたくなる。
先頭を飛んでるリーダーは大丈夫か?と、つい心配になる。


渡り鳥が、何を頼りに方角を定めているのか?
これにはとても興味がありますよね。
何せ何千キロという距離を、間違いなく旅する訳ですから。
太陽や星座の向きや磁場を感じてそれを指標に飛んでいるという説、
色々あるそうで、まだハッキリとは分かっていないみたいですね。
それにしても本当に凄いです。


さて、そんなハクチョウに目を奪われつつ、
我が家では、早くも第1弾の育苗ハウスを撤収しました。
色々時間をかけて準備してきた育苗ハウスですが、
撤収するとなるとあっという間に終わり・・・。

トンネルや温水パイプなどを全て抜いて、
今度はトマトを植える準備に入ります。

007.JPG

今年はコロナの影響もあって、
毎日が何だかフワフワしていたので、
この1カ月、ホント早かったなぁ~。
新型コロナ、一日も早く収束に向かって欲しいものです。

009.JPG

この記事へのコメント