春を感じながら、ベッド作り

「早く融けて~」と願っていたのが嘘のように、
その後、暖かい日が続いたお陰で、
今年の雪融けは例年にないスピードで進んでいます。

この春の空気感~、伝わるでしょうか?

画像



















3月10日にしてハウスの周りがもうこんな感じに融けてる・・・。

画像



















ハウスの雪もすっかり融けたので、
トマトを植えるハウスの準備を始めました。

肥料を撒いたら耕運してベッドを作ります。
虫たちももう活動を始めています。

画像





















ベッドを作ったら灌水チューブを引っ張ったり植穴を開けたり・・・。

画像

















マルチを張って保温したら支え用の鉄筋を刺していきます。

画像















いよいよ春の作業が本格化しました。
どんどん忙しくなりますよー。

桃の節句

またまた更新の間隔が空いてしまった・・・。

「更新されないって事は、忙しくしているって事。」
その辺は、もう皆さんもご存じかと思います。

まあ、この一週間も色々ありました!


それは出来る限り後日お知らせするとして、
まず3月といえば「お雛様」。

「私以外みんな女子」の我が家にとっては、
3月はおめでたい月なので無視することは出来ませんね。

画像















今年も早々とお雛様を飾って、
毎日、ちゃんとお茶をあげて、
3月3日にはお手製の桜餅をお供えして、
桃の節句をお祝いしましたよ。

画像















気付けば、次女あたりもこの一年で随分大人っぽくなり、
あどけなさが残るのは3女くらいになってきました。

みんな成長は早いなぁ。
今年もみんな健やかに育って欲しいものです。

育苗生活スタート

先日、トマト苗が我が家にやってきました。
自分達のポットに鉢上げして、育苗がスタートします。

画像
















久しぶりにトマトを触ると、トマトの香りが~。
そういえばうちはトマト農家だった!
数か月もトマトをいじってないと、ついトマト農家だったことを忘れて、
毎年、この鉢上げの時に気づかされるのです。

画像














画像














苗が来た日の夜はお赤飯。
農家を始めた時からの我が家の恒例行事です。

今年は忙しさでつい忘れていたら、長女が教えてくれました。
ちゃんと子供達にも浸透しているようですね。
ということで、今年もお赤飯をみんなで頂きました。

画像




















今年も育苗生活がスタート。
ハウスの温度管理や水やりなど、少しずつやることが増えていきます。
これでおちおち寝坊も出来なくなります・・・。

希望の双葉

最初に蒔いた種が芽を出しました。

画像
















双葉というのは、なんと魅力的な形をしているんでしょうね。

毎年の事ながら、この双葉達に大きな希望を感じます。

今年も頑張るんだよ、君たち!

炉台を製作する

リノベーション後も我が家の暖房器具は「薪ストーブ」。
移住して以来、ずっと薪ストーブにお世話になってます。

でも今回、薪ストーブは一新されます。
詳しくはまた後日にするとして、
今回は、薪ストーブを設置する台、いわゆる「炉台」の製作です。

「炉台」は、これまたセルフビルド。
黒に近い石目調のタイルを敷き詰めることにしました。

画像





















炉台の場所だけ床材を張らないよう凹んでいて、
ここにタイルを敷いていきます。
薪ストーブの直接吸気口部分をサンダーでカットするのが一苦労・・・・。

画像























床材と高さを合わせてフラットになるようにしました。

画像





















無垢の床材との相性も良さそうです。

育苗準備、あれこれ

トマト育苗ハウスの雪は順調に融け、
ここ1週間ほどの間に育苗の準備を進めてきました。

昨秋に温水用のパイプを埋めておいたので、
まずは地面をならして平にし、その上にマルチを敷きます。

画像

















久しぶりに見る土!
北国じゃない人には想像つかないかも知れませんが、
冬の間に土を見ることがないので、それだけでも感動・・・。

画像
















3重のトンネルの準備、加温機、ボイラーの点検などして、
いよいよポットに土詰めです。

画像
















3月に入るとトマト苗がやってきて育苗が始まります。
さあ、本業も本格的に始動です!

珪藻土を塗る

リノベーション工事もいよいよ終盤戦。

内装の珪藻土塗りが始まりました。
珪藻土塗りは、一部が家族で塗る「セルフ施工」。

画像
















みんな初めての体験。
家族であーだこーだ言いながら、見よう見まねで塗ります。

画像





















何でも初めての経験というのは不安と楽しさが入り混じった、
ちょっと興奮状態。
時にはピリピリとケンカ腰・・・。

それでも楽しく塗れましたよ。
少しずつコツも覚えてきて、子供達も十分に戦力になってくれます。
何より、上手じゃなくても、自分達らしい壁になるのが一番嬉しい!

画像

















自分達で塗らなきゃいけない壁はまだまだ沢山・・・。
日々、合間を見ては少しずつ進めております。

画像

エゾシカの森

冬の間ときどき、
十勝岳の麓の森で除雪するアルバイトをしているのですが、
人間がほとんど来ないためか、
その森には本当に動物が多いのです。

画像
















久しぶりに行くと動物の足跡だらけで、
その活動の活発さを感じます。

特に多いのがエゾシカ。
畑を荒らす厄介者として駆除対象にもなっているエゾシカも、
森で会うとその大きさと可愛い顔のギャップについ見とれてしまいます。

咄嗟に撮ったこの写真の中にも4~5頭いるのですが分かりますか?
画像

















エゾシカはとても臆病な性格で可愛いですが、
畑を荒らすため北海道ではその食害が深刻な問題となっています。
この森にも時折ハンターさんによる大規模な駆除が行われています。
出来れば人と鹿も共存していければ良いのですが・・・。

あまり里に下りて来てイタズラしないようにね・・・、と願います。

(急に現れた人間に焦って逃げようとするも雪にハマって慌てるエゾシカ達)
画像

早く融けて・・・

「早く融けて・・・」
これ、今の心の声です。

毎日、寝ても覚めても頭の中から抜けない、切実な願いです。

画像

















1月にビニールをかけたハウスの中の雪。
少しずつは融けているのですが、
まだこんな感じで残っていて、
融け切るのにはまだまだ時間がかかりそうです。

それもそのはず、
こうも毎日凍てつく日々が続くと、
日中に多少は融けても夜中にはすぐカチンコチン・・・。
その進捗は微々たるものです・・・・。

今年は例年より少し早めにトマトの苗がやって来る予定なので、
ハウスを見るたびに、ほとんど変わらない様子に焦ります。

融雪剤を撒きいたりビニールを2重に張ったり暖房で温めてみたり、
やれる事をやってます。

リノベーション、その後

住宅のリノベーション工事は、
毎日着々と大工さん達が手を進めてくれ、
完成まで残すところ1か月となりました。

年明けから内装工事をメインに手掛けてくれていましたが、
骨格を決める工事や気密工事などの、
いわゆる裏方の工事が終わり、
今は表に見える部分が進められています。

そうなると、日々の進捗が目に見えて俄然面白い。

先日は階段も姿を現し、床材も張られ、いよいよ家の形が見えるようになりました。

今は備え付けの棚や家具類の作成、
これから、壁などの仕上げに入っていく感じです。

画像














画像

対峙する

農家仲間さんに連れて行ってもらって、
生まれて初めての「ワカサギ釣り」。

元々釣りが好きで、昔は渓流釣りに行ってましたが、
久しぶりに魚と対峙して、その駆け引きを思い出しました。

画像
















釣果は・・・・、ですが、
みなさんの御好意もあって、家族で舌鼓を打つことが出来ました。

画像

















やはり釣りたての味は最高です。

冬の楽しみがまた一つ増えました!

画像

今年も出ました、札幌国際スキーマラソン

今年も家族全員で出場!

札幌国際スキーマラソン大会!

クロスカントリースキーの大会で、
昨年までに続いて、父ちゃんは25km、あとのみんなは11kmに挑戦です。

快晴無風でコンディションは最高!
爽快な青空のもとで、気持ちよく滑れました!

今年も家族みんなで出られた事に感謝。
やっぱりクロカン楽しいわ!

(スタート前でやや緊張?)
画像














(タイムを大幅に伸ばした3女M)
画像














(恒例になったレース後のご褒美)
画像

一足お先に、節分気分

週末は色々忙しくて時間がないので、
一足早く「節分」の行事をやってしまいました。

お手製の「恵方巻」と「いわし」。

画像



















今年の恵方は東北東ということで、
ちゃんと家族みんなで東北東を見ながら、
食べ終わるまでしゃべらないで頂きましたよ。
あ、いや、ちょっとしゃべっちゃったかな・・・?
こういうとこ、我が家は律儀にちゃんとやるんですよね。


「いわし」を食べるのは西日本の風習らしいですね。
立派ないわしで「めちゃうま」でした。

あとは2月3日に豆を撒いて厄払いをしないと、ですね~。

春は確実に

連日、真っ白な雪原の中で作業しているせいで、
顔が日焼けして真っ黒になってきました。
日焼けした顔に冷たい北風が吹き付けてくるので、顔はヒリヒリ痛いです・・・・。



冬至を過ぎて、はや一か月。
夕暮れの訪れが少し遅くなってきたと感じます。
まだ厳しい寒さが続きますが、季節は春へと少しずつ進んでいるのですね。

冬は餌となる虫やらが少ないためか、
アカゲラが山から里に下りてきて、目撃する機会が増えます。

夕日に照らされたこのサクランボの樹にも、アカゲラが忙しそうに餌を啄む姿が写っているのですよ。

画像

ビニール張りの日々

今年もハウス張りメンバーのお陰で、
すでに3棟分のビニールを張り終えました。

近くのトマト農家さん達と共同で、お互いのハウスのビニールを張り合うのです。

あーだこーだ、とバカ話をしながら、時には真面目にトマトの話なんかをしながら・・・。

スコップで除雪するので、身体的にはちょっとしんどいのですが、
なまった体にムチ打つにはちょうど良い運動です。

少しずつ春が近づいて来ています。

画像














画像

凍てつく朝

氷点下も15℃を下回るくらいキーンとした朝、
晴れて穏やかな風の日には川から霧が発生します。

今朝も近くを流れる美瑛川には幻想的な川霧が発生していました。
画像
















川の水も相当冷たいハズですが、
それに比べてかなり地表付近の気温が低いので、
川の水から湯気が立っているように見えるのです。


その湿気が木々に付いて凍り付く現象、「霧氷」。
朝日に照らされて真っ白に輝く光景も見ていて飽きません。

画像




















今が厳冬真っ盛り。
凍てつく日々が続いています。

仕事初め!

1月21日、いよいよ始まってしまいました・・・。

今年の仕事初めです。

みなさんにとっては「えっ?今さら?」ですよね!

でも、畑全体が雪で覆われてしまうここらの農家にとっては、
「冬は冬眠する」が当たり前。

しかし、我が家のようにハウスを利用する農家は、
そろそろビニールを張って一足早く春の準備をするのです。

画像
















今まで家で「ぬくぬく」していたのに、
一番寒いこの時期に、いきなり外での作業開始・・・。

出来ればまだゆっくりしていたいんですけどね~。


続・雪下ろし

続々と雪下ろし作業に手を付けています。

この日は五右衛門小屋と呼んでいる倉庫。

画像





















油断すると雪と一緒に滑り落ちてしまうので慎重に。

リノベーション中の我が家を眺めながら黙々と進めます。

画像
















屋根に登ると、畑には無数の動物の足跡が・・・・。

画像

















ほとんどがキタキツネとエゾユキウサギでしょうか。

こんなに寒い季節も、動物たちの必死の営みがあるんですよね。

ホントたくましいです。

雪下ろし、はじまりはじまり

例年より降雪量の少ない今冬。

ですが、やはり雪は積もり・・・・、
そろそろ雪下ろしをしなくてはならない時期となりました。

比較的、天気の良い日を選んで屋根に登ります。

まずは、うちで一番屋根が弱そうな薪小屋から。
積もって固く締まった雪が、なんだかんだで50㎝以上はありそうです。
今すぐ潰されそうではないですが、こういう事は余裕のある時に!

画像



















今年は借家分もあるので、雪下ろしのし甲斐もありますよ・・・。

画像





















画像

念願の・・・

昨年の秋より、お家の改築(リノベーション)を始めました。

農を目指して移住し、独立して10年。
ようやく、住宅の更新を考えられるようになった、と喜ぶべきでしょうか。

もう随分古くなった我が家ですが、
何もない状態で移住し、この家と出会った時は本当に嬉しかった。

以来、右も左も分からない農業の生活をこの家が守ってくれ、
子供達もこの家で大きくなりました。

この先もこの地に住むことを考えると、
古くなった家の将来も考えなくてはならない。

良い工務店さんとの出会いもあり、思い切って新しくすることにしました。

工事が始まって早3ヵ月が過ぎました。
解体、古くなった木材の取り換えが終わり、
断熱が新たに入れられました。
現在は内装作業が主に進められています。
毎日少しずつ変化していくのが楽しみです。

画像

画像

画像

画像